BAUER RECORDS

「Singer」ALBUM CONCEPT

自身にとって4作目、およそ12年ぶりとなるリーダー作品がここに完成しました。 これまでの流れを踏襲したギターインスト曲も収録されておりますが、それはなんと一曲のみ。 今作ではヴォーカリストに焦点を当て《人の持つ声のエネルギー、そして様々な歌声の魅力を余すところなくリスナーの皆さまにお届けしたい》 という思いのもと、創作活動をスタートさせました。 世の中のほとんどの歌には言葉があります。そこにある言葉は、歌い手によって聴き手に伝わるニュアンスや説得力にも違いが生まれます。 そういったことから、この度独自に発掘したシンガーたちの深層にあるものを伺い知るべく、まず彼らが日頃抱いている思いや、今誰かに伝えたいこと、 過去の思い出、未来について、はたまた空想物語に至るまで、彼ら自身から“言葉”を得るところから始まりました。 その言葉たちが集まるのを待つ間、僕の方ではそれぞれの歌声を研究し、初対面の際に彼らから取材しておいたそれぞれの音楽のルーツや憧れの シンガーの楽曲を聴き込むことで、より彼らの良さを引き出す準備を整えてゆきました。 集まってきた言葉たちは、僕の想像を遥かに超えるものでした。依頼する際には「箇条書きのようなものでも、 断片的なものでも構わない」と伝えてあったので、次に「歌詞然としたもの」を構築する行程が待っているものとばかり思っていましたので、 その初期段階でのクォリティの高さに感銘を受けました。 (完成形の歌詞については、全ての楽曲において少なからず僕のエッセンスが盛り込まれておりますが、 その割合については“共作であるか否か”でご判断いただけたらと思います) 今回、敢えて臨んだ「歌詞ありきでの作曲」というアプローチは、僕の長き音楽人生においてほぼ初めてのチャレンジでもありましたが、非常に個性的で興味深い詞が寄せられたことで、ユニークな曲調であったり思いも寄らぬメロディラインや曲展開が湧き出てくる原動力となりました。 このケミストリーには僕自身大いに驚いています。 そして一曲一曲、膨大な時間を費やしながら完成させていったのです。 「そのシンガーの良さが最大限引き出せるものとは何か?」と試行錯誤を繰り返す今作の制作過程は、 僕にとってかけがえのない経験となりました。 もちろん楽曲、プログラミングを含めたアレンジワーク、コーラスワーク、コードワークからギタープレイ、 そしてパーカッションプレイに至るまで、アルバム『Singer』において “田川ワールド”が大展開されていると自負しております。 音楽ファンはもちろんのこと、歌モノ好き、そしてギター好きな方々に是非とも一聴していただきたい一枚です。 田川 伸治

ページトップへ